作成者別アーカイブ: admin

大阪支部 2020年度 実技研修会

『油で描く絵画って?━素材から知る油彩の楽しみ━』 (多くの支部会員の方々に参加いただき、開催を無事終了致しました。) ◎内 容  :1.キャンバス張り(各自2枚 サムホールサイズ22.7×15.8㎝) 2.下地塗り 3 … 続きを読む

2016年度大阪支部双線美術小品展

恒例の双線美術小品展は2017 年1 月8 日(日)〜14 日(土)まで、大阪現代画廊・現代クラフトギャラリーをお借りして開催いたしました。54 回目となった今回は34 名の参加で、嬉しい事に初参加の方もおられ、次年度の … 続きを読む

2016年 滋賀双線展

「滋賀双線美術展」を17回に亘り開催してきた会場の滋賀県立近代美術館が、本年度末で新生美術館へ向けて3年間の増築・改修に入ります。その意味からも滋賀近美での最後の記念すべき支部展、『2016滋賀双線美術展』を9月13日( … 続きを読む

2016年度 大阪支部実技研修『箔貼り作品制作および表装体験』

大阪支部では、『箔貼り作品制作および表装体験』と題し、2度にわたっての実技研修会を行いました。7 月30 日(土)は大阪府立箕面東高校にて、同校美術科教諭の鴨井先生のご指導の元、18 名が予想以上に薄い箔に悪戦苦闘しなが … 続きを読む

2016年度 東海支部 第28 回 花と土と人展

5月31 日( 火) から6月5日( 日) まで「第28 回 花と土と人展」をセントラルアートギャラリーで開催いたしました。16名32 点の出品です。入場者数433 名。建物内にある画材店にみえた方や、新聞掲載や美術館等 … 続きを読む

東海支部 実技研修

2016 年1 月24 日に東海支部で実技研修会を行いました。「凸盛り(デコもり)」は明治時代の初頭から続く、名古屋絵付けを代表する盛り上げ装飾です。   本格的なコラレン技法(ガラス盛り)による作品制作ということもあり … 続きを読む

2015年度 兵庫支部 4B展

恒例の支部行事「4B展」も今夏で27回目を迎えた。兵庫支部では、それ以前にも教職仲間が集って何回か展覧会を持っていたようだが、今の名称になってからも相当な年数が過ぎていったことになる。名称の由来は絵専、美専、美大、芸大と … 続きを読む

滋賀支部 『2015滋賀双線美術展』

『2015 滋賀双線美術展』を9月8 日( 火) ~ 13 日( 日)の6日間、滋賀県立近代美術館ギャラリーで開催しました。 第45 回滋賀県芸術文化祭にも事業として参加しています。出品者は、安土優・上野富二郎・大橋忠司 … 続きを読む

東海支部 実技研修会(名古屋友禅)

東海支部では今年度実技研修会として、1月25日(日)に名古屋市北区にある渡辺染工場さんで「名古屋友禅」の体験をしました。型染めの体験で、先生が当日までに布を板貼りにして、各々違う模様の輪郭を染めておくところまで準備して下 … 続きを読む

2014滋賀双線美術展

滋賀支部では、本年度事業として『2014滋賀双線美術展』を9月9日(火)~15日(月)の7日間、滋賀県立近代美術館ギャラリーで開催しました。第44回滋賀県芸術文化祭にも事業として参加しています。出品者は、安土優・上野富二 … 続きを読む

2014年度 東海支部「第26回 花と土と人展」

6月3日(火)から8日(日)まで「第26回 花と土と人展」をセントラルアートギャラリーで開催いたしました。16名32点の出品です。入場者数487名。建物内にある画材店にみえた方々や、関西からの同窓生の方々の御来場もあり嬉 … 続きを読む

奈良支部 秋の研修

10月22日、奈良県橿原市にある、奈良芸術短期大学の 見学をしました。 奈良県では唯一の芸術大学です。 京芸昭和50年卒の高橋顕児氏が 洋画を中心に、教育の成果を講演されました 近くの「橿原考古学博物館」で特別展「仏教伝 … 続きを読む